退職 メッセージ。 退職祝い|人気のメッセージプレート付きケーキ&ギフト28選【メッセージ例文やアイデア・コツも伝授】

そのまま使える!定年・退職祝いのメッセージ文例集

退職 メッセージ

・宛名・名前を書く ・ねぎらい・感謝の気持ちを伝える ・丁寧な言葉で伝える 「〇〇部長」「〇〇さん」というように、書き出しに相手の名前を入れると、受け取った相手は「自分に向けられたメッセージなんだ」と実感することができます。 また、メッセージ上で欠かせないのが「ねぎらい」「感謝」の気持ちです。 これまでお世話になったことへのお礼をメインに据えるとメッセージが考えやすいでしょう。 お世話になった具体的なエピソードを絡めれば、ぐっと気持ちがこもります。 「ご苦労様でした」ではなく「お疲れ様でした」を使うというように、言葉遣いも気持ちを表すもの。 例えフランクな関係であっても、上司が目上の人であることを忘れずに 最低限の言葉のマナーは頭の中に入れておきたいものです。 異動・退職する上司へのメッセージ NG要素 1. お礼の言葉 (書き出し) …今までお世話になりました。 …これまでありがとうございました。 エピソード(本文:ここがミソ) …隣の部署から〇〇さんの頼りがいのある姿をいつも拝見していました。 (相手の良い印象) …〇〇プロジェクトの成功は〇〇さんが担当されてこそのものだったと聞き及んでおります。 (本人が担当していた仕事) …〇〇さんには営業についてゼロから教えていただきました。 (あれば、教えてもらったこと) …〇〇さんの気配り力を見習いたいと思います。 (わかれば、相手の性格や特徴を褒める) 3. 今後へのエール (締め) …新天地でのご活躍を心よりお祈りしています。 (転職や異動) …旦那さま(奥さま)と、末永く幸せにお過ごしください。 (結婚による退職の場合) 【番外編】自分が異動・退職する時に上司へ贈るメッセージ.

次の

定番でシンプルな退職祝いメッセージ文例

退職 メッセージ

メッセージの中盤には、思い出話やお世話になった時の話を書きましょう。 上司や先輩、取引先の方々お世話になる形は違いますが、仕事をする上では必ず誰かの手助けが必要です。 また、直接仕事と関係のないことでお世話になった場合でも書いておくと良いでしょう。 例えば、飲み会で助けてくれたとか、日常の業務で気の利いたことをしてくれたとかそういった何気ないことでも良いのでお世話になった出来事を探して書いて下さい。 受け取る退職者側が何気なくやったことを書いてあげると嬉しい気持ちになります。 また、今だからこそ言える「あの時実は・・・」みたいなことを書くのも良いです。 その人との共通の話が多ければ多いほど、退職者としては嬉しいものですので。 文例に入る前にまずは想定される関係を設定します。 「退職者は同じ部署の先輩で、この先輩とは同じプロジェクトに配属されプロジェクトマネージャーとアシスタントという関係で一緒にプロジェクトを成功へと導いた」という設定での文例とします。 まだまだ先輩から教えて頂きたいことも多くあったので、正直残念です。 新卒で入社したての僕に対して作業ではなく、仕事を与えてくれてかつ、上司に対してはフォローもしてくれて、お世話になりました。 あのプロジェクトが僕の成功体験になったのも、先輩のお陰です。 次に会う時には、更にレベルアップできるように頑張ります! 短い間でしたが、本当にお世話になりました! ありがとうございました! 次の職場での活躍も期待しております! -------------------------------------------- 社外編も基本的に書く内容は同じですが、社内と同じような書きぶりではなく、少しビジネス文書のように硬めにメッセージを書くことをお勧めします。 文例に入る前にまずは関係を設定します。 今回は、「退職者は取引先の自分より年齢も立場も上の方で、プロジェクトで一緒になり、客先側の現場のトップ」という設定で文例を書きます。 わざわざ退職のご連絡頂きまして、ありがとうございます。 あの時は非常にお世話になりました。 合わせて、再びどこかで一緒に仕事をすることができることも期待しております。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 -------------------------------------------- 最後に上司に対する感謝のメッセージの文例をご紹介します。 今回の上司はご自身が所属している部署の直属の上司という設定での文例です。 先ほど、退職されるとのこと、メールにて知りました。 また、私が初めて任された仕事を上手く収めた際に我が事のように一緒に喜んで頂き、私も嬉しかったことを記憶しております。 今までお世話になりました。 また、今後とも、何かあればご相談させて頂きますので、その際にはどうぞ宜しくお願い致します! --------------------------------------------.

次の

退職理由別!誰でも使える退職祝いに伝えたい素敵なメッセージ文例30選!

退職 メッセージ

・宛名・名前を書く ・ねぎらい・感謝の気持ちを伝える ・丁寧な言葉で伝える 「〇〇部長」「〇〇さん」というように、書き出しに相手の名前を入れると、受け取った相手は「自分に向けられたメッセージなんだ」と実感することができます。 また、メッセージ上で欠かせないのが「ねぎらい」「感謝」の気持ちです。 これまでお世話になったことへのお礼をメインに据えるとメッセージが考えやすいでしょう。 お世話になった具体的なエピソードを絡めれば、ぐっと気持ちがこもります。 「ご苦労様でした」ではなく「お疲れ様でした」を使うというように、言葉遣いも気持ちを表すもの。 例えフランクな関係であっても、上司が目上の人であることを忘れずに 最低限の言葉のマナーは頭の中に入れておきたいものです。 異動・退職する上司へのメッセージ NG要素 1. お礼の言葉 (書き出し) …今までお世話になりました。 …これまでありがとうございました。 エピソード(本文:ここがミソ) …隣の部署から〇〇さんの頼りがいのある姿をいつも拝見していました。 (相手の良い印象) …〇〇プロジェクトの成功は〇〇さんが担当されてこそのものだったと聞き及んでおります。 (本人が担当していた仕事) …〇〇さんには営業についてゼロから教えていただきました。 (あれば、教えてもらったこと) …〇〇さんの気配り力を見習いたいと思います。 (わかれば、相手の性格や特徴を褒める) 3. 今後へのエール (締め) …新天地でのご活躍を心よりお祈りしています。 (転職や異動) …旦那さま(奥さま)と、末永く幸せにお過ごしください。 (結婚による退職の場合) 【番外編】自分が異動・退職する時に上司へ贈るメッセージ.

次の