痣 湿布。 内出血の治し方、処置方法!湿布や薬は効果がある!?

打撲傷について

痣 湿布

イレギュラーは絶対にないわけではありませんので、実行には医師のアドバイスを仰ぐか、自己責任でお願いいたします。 他の方も仰るように内出血は治って行く過程で色の変化があります。 黄色は最終段階ですからもう数日すれば治るでしょう。 赤みに関しては見ないと何とも言えませんが、もう少し時間のかかる部位かもしれません。 アザは怪我した直後はすべて均一に見えますが、治る過程でムラが出てきます。 アイシングの知識があれば一日ほどアイシングをし、無ければ湿布を貼りましょう。 三日も過ぎれば、温めた方が血行が良くなりますのでアザが消えていくのが早いと思います。 湿布は皮膚のかぶれに注意し痛みがなくなるまでしっかり貼ります。 早く独立できるといいですね。 はい、内出血其の物ですね 大体は、記憶に無い程度で軽くぶつけらさって居ても、此の様に成る人は多いでしょう。 頭の中身も人に依 よ って違う様に、身体も千差万別で、一寸 ちょっと の衝撃や接触で皮膚に近い所の血管が破れやすい人は居ます。 原因としては、一寸難しく成りますが、 1.血管壁の弱い・薄い人 生まれつきの体質 、年齢と共に皮膚が角質化する様に、血管壁も脆 もろ くは成って往 ゆ きます 2.無理なダイエットや偏食した場合 3.病気に依る場合、例えば「血小板減少性紫斑病」...... byoki-syojyo. html 写真の様な症状が頻繁に起こる様でしたら、其の時は内科等で診て貰いましょう。 皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短くても1週間~10日を要します。 痛みが増す、吐き気を伴う、血しょう板が少ないと医師に指摘されたことがある、 血栓ができにくい薬を内服している、というような方は早く受診する必要があります。 質問者さんがこれらに該当しないなら、病院に行っても何もすることがありません。 そのまま経過をみて下さいとほぼ間違いなく言われます。 頭部を強打して心配だからということでCTなどの諸検査を希望される場合などで 念のため受診なさるなら、内科でも整形外科でも良いです。 顔に青あざが広がってきて、それが打撲部位とズレているので余計に 皆さん一様にとても驚かれます。 ご不安かと思いますが、私ならそのまま様子をみるケースです。 どうぞお大事になさって下さい。 皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短... 通常その分解産物も吸収されて消えるもので全く問題がないものです。 A ベストアンサー はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思います。 私も目の周りが真っ黒になり、本当にこの色が消えるのか?と心配でしたが 2週間ほどで 薄黄色になり、1ヶ月後には ほぼ消えていました。 これは皮下で毛細血管が破れて内出血した血液が、段々と吸収されていくからです。 やってはいけない事は、患部を強く押さえる等 再度内出血させる様な刺激を与えない事です。 痛みや腫れが治まっており、内出血の色だけが気になる程度でしたら 毎日入浴し血行を良くして 十分睡眠をとっていると、治りも早いと思います。 眼球や骨に異常が無くて幸いでしたが、くれぐれもお大事になさって下さいね。 はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思いま... A ベストアンサー 最短コース(冷湿布) 打撲・打ち身・捻挫は組織の炎症なので、まず、炎症を最小限に押さえる事をします。 すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサージをしましょう。 これで、炎症を抑えながら組織の復活ができます。 内出血は10分の圧迫止血(かなり強い力です)。 太い動脈以外なら、これでたいてい止まります。 再出血を防ぐために安静にします。 冷やすとさらに再出血の予防になります。 2~3時間して周囲の炎症がなければ、暖めて自然吸収を促進させます。 (暖めはじめは内出血範囲が広がってこないか観察して下さい。 マッサージは再出血の可能性があるので禁止です。 患部以外のマッサージは有効です。 重力の影響で下側の血流の方が悪くなります。 足や手なら末端の方でむくみを起こします。 痛みを起こす物質も下の方に溜まりやすくなります。 これも、暖めとマッサージが有効です。 できるだけ患部を挙上したほうがいいです。 最短コース(冷湿布) 打撲・打ち身・捻挫は組織の炎症なので、まず、炎症を最小限に押さえる事をします。 すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサー... Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。

次の

湿布を貼るとヒリヒリ痛い。。その理由と対処法は?

痣 湿布

24時間以内なら「冷やす」 青あざをいち早く治すためには、 「最初が肝心」です。 仕事のトラブル対応や恋人とのけんかでも、初期対応を間違えると、火に油を注いで大きなトラブルに発展してしまいますよね。 それは、青あざも同じです。 どこかにぶつけたりして青あざが出てきたときは、まずはすぐに冷やしましょう。 ぶつけた直後は、その部分が熱を持って炎症を起こしている状態です。 また、あざは皮下出血を起こしている状態でもあります。 そのまま放置していると、「炎症の領域」と「出血」が広がり、 青あざが大きくなってしまいます。 この炎症が起きている段階では、患部を冷やす(アイシングする)ことが有効です。 冷やせば、血管が収縮して流れる血液量が減り、出血を抑えることができます。 冷やし方はいろいろ 青あざを冷やす方法はいろいろあります。 例えば、• 氷水で絞ったタオルを当てる• 冷蔵食品を買ったときにもらった保冷剤を当てる• ポリ袋に氷水を入れて当てる など、「急速に青あざ部分を冷やせる」のであれば何でもOKです。 外出先で保冷剤や氷水が手に入らないときは、冷たい氷入りの飲み物をテイクアウトして、それを青あざ部分に当てても良いでしょう。 自動販売機で購入できる缶のドリンクも、ひんやりとした冷感があるのでおすすめです。 凍傷には注意が必要 ただし、青あざになるのが嫌だからといって、冷やし過ぎないように注意してください。 今度は「凍傷」になるリスクが出てしまいます。 保冷剤や氷はタオルにくるんで、 直接肌に当てないようにしましょう。 また、「10分冷やして10分休む」といった具合に、間隔を開けて冷やすようにしてください。

次の

治る早さが断然違う!打撲の4つの応急処置「RICE」を知っとこ

痣 湿布

青あざの原因は? 青あざは基本的に強い衝撃を受けたときにできます。 まれに血小板が少なくなって、自然に内出血することもあります。 ですが、ほとんどの場合は強打したときに青あざができます。 事故にあったりすると広範囲にわたって青あざができたりします。 もちろん事故のような大事件ではなくとも、日常で青あざができることはあります。 強く打った覚えがないのに青あざができることもあります。 これは強く打ったことに気づかないくらい、他のことに意識がむいていたときに起こります。 青あざに湿布を貼っていい?治し方は? 打撲等が原因で青あざが出来た時、湿布を貼っていい?と悩む人は少なくありません。 貼っても問題はありませんが、使い方が重要になってきます。 というのも初期段階と怪我が落ち着いた段階で、湿布の使い方が変わるからです。 打撲をした直後というのは、患部が腫れてしまっている状態です。 ですから患部は熱を持っており、それを冷やすという事が重要になってきます。 その為に治し方としては氷や水でしっかりと冷やしていく事が重要で、湿布を貼る場合、冷湿布が有効になってきます。 ある程度、はれが落ち着いてきたら…早く治すには? 腫れた状態が落ち着いた後、少しでも早く治すには、患部の血行促進をしていく事が重要になってきます。 ですから、温めるという事を心がける事が大切で、ぬるま湯に浸かる等が有効になります。 湿布を貼る場合、温湿布を選ぶ事で、早く治りやすい状態を作れます。 この温めて血行促進をしていくという行為は、早く治していく事が出来るだけでなく、新陳代謝を高める働きも期待出来る為、青あざが早く消えやすい状態を作る事が出来ます。 ですから、腫れが落ち着いてきたと感じたら、なるべく温め、血行が良い状態を維持しておく事がおすすめです。 それにより、跡が残りにくい状態で治していく事が出来ます。 青あざがに湿布を貼りたいなら症状に合わせて湿布を選ぶ事が大切です。 青あざのまとめ はい、ということで青あざについてまとめますと• 青あざの原因は体を強打した時にできる• 青あざに湿布を貼ってOK。 治し方は初期段階は冷湿布• 落ち着いてきたら、青あざを早く治すには温湿布 こんな感じですね。 正しい処置で青あざを早く治してしまいましょう。

次の