ふじみ野 救急 クリニック。 ふじみの救急クリニック|救急・脳神経外科|急な体調不良など

川越救急クリニック

ふじみ野 救急 クリニック

5月1日付けで、当院は埼玉県からの依頼により『帰国者・接触者外来施設』となり、Covid-19(新型コロナウィルス感染症)を疑う方のPCR検査を始めました。 1ヶ月半の間に約300名の方の PCRを行いました。 いままではインフルエンザと同様、鼻の奥の粘膜を綿棒で擦って検査をしていました。 あれ、やられたことのある方はご存じですが、結構痛かったり、『もう2度とやりたくない!』っていう感じだったんですよね。 実は欧米では口腔内の唾液中にもコロナウィルスが多く存在することが報告されていました。 当然、唾液を使用したPCR検査も調べられて、鼻粘膜に比べても遜色ない成績が出ることが報告されてきました。 medrxiv. 20067835v1) そしてこの度、厚労省が唾液を使用した PCR検査を保険適応にしました。 これを受けて、当院でも唾液を使用したPCRが出来るようにしました。 自分で唾液を採取していただくので、鼻の奥をほじられる事はありません。 口腔内が乾燥して唾液が出にくい方の場合は、今まで通り鼻腔で検査することも可能です。 症状がある方は、まず胸部CT撮影を行い、肺炎像がある方やCovid-19の罹患を疑う方にPCR検査を行います。 問診やCTの結果、あきらかにcovid 19と異なると診断された場合は保険適応のPCR検査は受けられませんのでご承知おきください。 世界的に予防可能な癌として有名な子宮頸癌。 ワクチンの有効性はすでに各国で証明されています。 昨今のコロナウィルス感染で、予防効果が無いとわかっているマスクを必死に買い求めている方々・・・ ここに確実に死亡率を下げられる方法が存在していますよ!! 副作用だけが大きく取り上げられていますが、ほぼ安全とされています。 ところが! 世間で騒がれてから、公に 「子宮頸癌ワクチンうちます!」 というのが言いにくくなりました。 でも! 私たち、川越救急クリニックは、救急では無いけど・・・誰もやらないなら俺たちがやる! ということで、4月か、5月くらいから、ワクチン打ちます(予約制)。 値段も安く提供予定・・・ ご期待ください。 当院では来年から新たな事業展開をすることが決定しました。 (上記の日勤では無いよ・・・画期的な仕事です) 救急救命士が主役の仕事になると思います。 これに当たり、新規救急救命士を2名募集致します。 希望の方は履歴書を郵送又はメールに添付してお送りください。 (当院HP上の職員採用ページにダウンロードできるものがあります) 職種:救急救命士(すでに免許証を取得している者) 年齢:若い方や消防経験者を優先して採用します 能力:判断が求められる場合があります。 当院で心カテが出来ないかと考えています。 常勤でも非常勤でも構いません。 条件は一つだけ。。。。 夜間の緊急にも対応していただける方・・です。 また、川越市外にも支店を作ろうと思っています。 院長がそっちに出向するので、川越で力になってくれる人・・・ 将来的に川越救急クリニックを継承してくれるDr. を募集します。 当院は給与は微妙ですが、勤務日数が少ない上に副業OKです。 (なんせ院長も行ってるので・・) 詳しくはメールまたは電話ください。 kerc99 sky. bbexcite. jp 049-293-5877 ウエハラ まで 現在、1 名Doctor交渉中です。 当院の強みは何と言っても「夜間に営業している」ことです。 夜間の救急対応を得意としていますので、往診を必要とされている方の不安を軽減できると考えております。 夜間に営業していることを最大限の売りにした新しい在宅医療を当院から世界に発信したいと思っております。 2018年8月23日現在、往診日に当てられるのは月曜日と火曜日だけですが、対応する病状やエリアに関しましてはご相談いただきたいと存じます。 往診をご希望されていらっしゃる方、ご家族の方、ケアマネージャーの方、看護師の方、まずはご連絡いただければ、検討いたしますので、よろしくお願いいたします。 TEL:049-293-5877(16-22時の間で対応いたします) FAX:049-293-5878 文責:副院長・在宅医療部 木川 英.

次の

ふじみ野救急クリニック(三芳町)の場所!評判は?【ミヤネ屋】

ふじみ野 救急 クリニック

母親目線の小児医療 納得いく説明で心のサポートも医療の一つ 小児科/瀧澤 真依子 たきざわ まいこ みよし野クリニックには私が大学の医局にいる頃からお世話になり、もう10年以上ここで小児医療を提供してきました。 多くのお子さんと接し、そして私自身も1人目を子育てしながら診療する中で、お母さんの精神状態が生活や育児にとても影響すると感じてきました。 誰もが子どもの前では笑顔でいたいと願いますが、様々な要因が重なり「どうしてうちの子は... 」と悩んでしまいます。 特に近年では「順番が待てない」「相手の感情が理解できない」「集団行動が苦手」など発達に関する相談が増えてきました。 こういった問題は病気との境目が難しく、多くが成長する過程で問題なくなるケースがほとんどです。 ですが、お母さんにとっては不安でたまりません。 「あれ?」と思った場合は悩まず専門家に相談し、自身の精神状態を健康に保つ事も育児の一つだと考えて頂ければと思います。 私は今、1才の息子の育児に奮闘中です。 改めて子どもは一人一人違うというのを実感しています。 風邪などの急性感染症の他、花粉症(舌下免疫療法)、 便秘、夜尿症などのご相談でも お気軽にお越しいただければと思います。 スギ舌下免疫療法 スギ花粉症は、発症年齢が年々低下し、最近では2歳頃でも患者さんが多くみられるようになりました。 最初は、症状がわかりにくく、なんとなく鼻や目をこすってる、皮膚が荒れているなどから疑うことになります。 従来の対症療法と異なり、根本的に治す根治療法のひとつが舌下免疫療法です。 舌の裏側に1分ほど錠剤をかまずに保持できる5才くらいからが適応です。 大人の方も当院で治療可能です。 治療開始時期は、花粉の飛散の終了した6〜12月までで、3〜5年間の継続治療が推奨されています。 その年の花粉の飛散量にもよりますが、夏頃までに治療を開始すれば翌シーズンの飛散期にも効果が期待できます。 (要予約).

次の

ふじみの救急クリニック|ふじみ野市の救急科・脳神経外科

ふじみ野 救急 クリニック

母親目線の小児医療 納得いく説明で心のサポートも医療の一つ 小児科/瀧澤 真依子 たきざわ まいこ みよし野クリニックには私が大学の医局にいる頃からお世話になり、もう10年以上ここで小児医療を提供してきました。 多くのお子さんと接し、そして私自身も1人目を子育てしながら診療する中で、お母さんの精神状態が生活や育児にとても影響すると感じてきました。 誰もが子どもの前では笑顔でいたいと願いますが、様々な要因が重なり「どうしてうちの子は... 」と悩んでしまいます。 特に近年では「順番が待てない」「相手の感情が理解できない」「集団行動が苦手」など発達に関する相談が増えてきました。 こういった問題は病気との境目が難しく、多くが成長する過程で問題なくなるケースがほとんどです。 ですが、お母さんにとっては不安でたまりません。 「あれ?」と思った場合は悩まず専門家に相談し、自身の精神状態を健康に保つ事も育児の一つだと考えて頂ければと思います。 私は今、1才の息子の育児に奮闘中です。 改めて子どもは一人一人違うというのを実感しています。 風邪などの急性感染症の他、花粉症(舌下免疫療法)、 便秘、夜尿症などのご相談でも お気軽にお越しいただければと思います。 スギ舌下免疫療法 スギ花粉症は、発症年齢が年々低下し、最近では2歳頃でも患者さんが多くみられるようになりました。 最初は、症状がわかりにくく、なんとなく鼻や目をこすってる、皮膚が荒れているなどから疑うことになります。 従来の対症療法と異なり、根本的に治す根治療法のひとつが舌下免疫療法です。 舌の裏側に1分ほど錠剤をかまずに保持できる5才くらいからが適応です。 大人の方も当院で治療可能です。 治療開始時期は、花粉の飛散の終了した6〜12月までで、3〜5年間の継続治療が推奨されています。 その年の花粉の飛散量にもよりますが、夏頃までに治療を開始すれば翌シーズンの飛散期にも効果が期待できます。 (要予約).

次の