宅 建 フォー サイト。 宅建通信講座 横綱対決! ユーキャン VS フォーサイト

【辞めた方がいい?!】フォーサイトの宅建講座!リアルな口コミ評判

宅 建 フォー サイト

こんにちは、エイタです。 面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。 今回は、「宅建の教材選びにかける時間」を手放していきます。 それほどのクオリティです。 アプリの内容といたしましては、 ・テキストが見れる ・講義動画が見れる ・小テストが解ける ・質問ができる 15回 ・カウントダウン&名言が見れる 大枠はこんな感じです。 つまりスマホさえあれば どこでも勉強できる 正直テキストの量エグいです。 職場に持って行ったり、 昼休みに持ち歩くには、ちょっと大げさ。 だから スマホ1台で全て完結する 『道場破り』は神アプリなんです。 黒・赤・青とかじゃなくて オールカラーです。 僕あんまり派手派手しい本が好きじゃないんですが、 フォーサイトのテキストはめちゃ見やすいです。 白黒だと 視覚的に飽きます。 でもオールカラーだと 飽きにくいし、 堅苦しい言葉を、色が緩和してくれて 新しい言葉も、スっと頭に入ってきました。 めちゃくちゃオススメではありますが、 こればかりは 合う合わないがあるので、 一度サンプルを請求してみてください。 僕もサンプルを見て判断しました。 しかもそれが 方眼のノートになっているんです。 つまり、メモが取れるようになっているのです。 非常に勉強する側の事を、よく考えて 作られているなと思いました。 ノートを別で持つ必要がないのが高評価です。 「問題なんて、本屋に行けばいくらでもある」 と思うかもですが、フォーサイトは めっちゃ丁寧な解説付きです。 読めば理解できます。 さらに良いと思うのが、 問題集とテキストの相性が最高なんです。 もし、独学で勉強する際は テキストと問題集は1社で統一した方が 分からないところとか探しやすいですよ。 だから一式全部揃う、 フォーサイトで統一は非常にオススメです。 フォーサイトの問題集の 頻出度AとBが解けたらほぼ合格です。 僕が思うに、 テキストになぞるどころか バンバン飛ばすからだと思います。 窪田先生が、よくある動画講義と違うのは 「ただ講義をする」 のではなく、 「本当に大事なとこだけ紹介する」 ってスタイルだからと思います。 非常に効率が良いです。 端的で分かりやすいです。 だからムダが嫌いな僕は、 とっても好きな授業でした。 窪田+宅建で『くぼたっけん』です。 窪田先生と宅建は切っても切り離せないほど、 説明が上手でスっと頭に入ってきます。 僕は自分一人でテキストを見るより、 講義映像を流しっぱなしの方が多かったです。 この講師だから合格できたと言っても 過言ではありません。 本当に「 宅建合格のスペシャリスト」です。 だから先生と直接会う事はありません。 もちろん講義を見たら、先生の顔は分かります。 それは他の通信講座と一緒だと思います。 でも、フォーサイトは、 テキストの合間合間に先生のコラムがあります。 ・励まし ・優しい声かけ ・ちょっとした雑学 これが「ちょうどよい息抜き」になって良いんです。 集中力が切れてきたぐらいで、 ちょうどコラムのページにたどり着きます。 そしたら、「よし、もうちょい頑張ろ」 って思えるんです。 ダレるポイントも分かっていて、 その時々に最適な小話を挟み、先生に 完全にコントロールされてしまいます。 更に、励ましのメールがちょこちょこ届きます。 ・諦めそうになった時 ・挫折しそうになった時 ・点数が伸びない時 そんな時に これは 実際に合格してみて納得できたのですが、 フォーサイトの合格率は 嘘じゃないです。 確実に合格まで導いてくれます。 合格したければ、先生を信じ込んで、 アドバイス通りにやっていくのみです。 ぶっちゃけ、安くできます。 実際僕は、これだけ安くなりました。 つまり、 実質の教材費は ¥33,000ぐらいって事です。 しかも今は、5,000円オフの クーポンがあるみたいです。 2019. 5現在 更に、人によっては 「 教育訓練給付制度」というものが使えます。 使えば、 実際に払った教材代の 「20%」が戻ってきます。 もし、僕が適応していたら ¥65,000の20%である、 ¥13,000が戻ってくるということです。 つまり、先ほど実質の教材費が ¥33,000と言ったので、 給付金を使えば¥20,000ほどで ゲットできるという事ですね。 詳しくは、でご確認ください。 とにかく、安くする術はあるので ヤル気があるなら買って間違いないです。

次の

フォーサイトで宅建に合格した33歳Webクリエイター「点を上げるなら分かりやすいイラストつきのテキストをつかおう」

宅 建 フォー サイト

失業しても宅建を持っていれば不動産関係で働ける 私はwebクリエイターの仕事をしていますが、失業した時の保険のつもりで宅建の資格の所得をしました。 宅建を持っていると不動産関係で働けると思ったからです。 合格するまで2回落ちましたが3回目の27年度の宅建の試験で無事合格できました。 独学で宅建の勉強を初めたが不合格 最初は独学で合格できるだろうと思って参考書を買って勉強しました。 サクッとうかる宅建テキストと問題集(ネットスクール)という本や色々な本を図書館で借りて勉強しましたがやはり、合格点の31点を超えるには程遠く20点で不合格になりました。 独学で勉強していて気づいたのはテキストの解説のわかりにくさ。 文字だけでは、問題事案、解説などが書いてあってもわかりづらいわけです。 この状態で、テキストや過去問をやっていても理解できていないので、通信教育のフォーサイトの宅建講座で学習することにしました。 なぜフォーサイトの宅建講座を選んだのか フォーサイトの通信教材は 他の宅建の資格の教材と比較しても分かりやすいように感じたのでフォーサイトを利用しました。 フォーサイトの教材のいいところ• 注目すべき点が明記• 解説が実用的• テキストはカラーで絵が豊富• テキストにはDVDが付属、講義も丁寧 テキストはカラー、絵は豊富で実用的 テキストはカラーで教材が絵で説明してあり、視覚で見て分かりやすく説明してありました。 注目するべき点もキチンと抑えられており、知りたいことやこういったケースはどうするといった問題の解説と解決方法が書かれており、実用的であるように感じました。 昔の人が行っていましたが文字で説明するより見たほうが早いというのはこのことだと思いました。 イラストなどで説明してくれていると分かりやすいのです。 文字ばかりの参考書やテキストでは、今ひとつ頭に入りづらいというか、暗記だけしているような気になり自分の頭で考えて答えを導き出しているような感じはしませんでした。 DVD講義が丁寧 テキストには、DVDが付属しており、講師の方が解説してくれており授業を受けているような感じでした。 利用している上でメリットとして感じたことは、まず教材が厚くなく、一つ一つの問題に対して解説がしてあり絵つきで丁寧に解説してくれていました。 DVDと CDはチャプターがあり途中からでも見れますし、解説も語り口調で丁寧でした。 8%と驚異的に高いため問題数が少ない教材でも合格は十分可能といえるでしょう。 足りないのではなく 重要な問題のみを掲載している言えます。 問題解説が説明口調で飽きる そして付属の DVDの 解説も説明口調が強すぎて何度が見ていると飽きるというか、もっと視覚的に説明できない物かと感じました。 テキストに赤線を引っ張り説明をしているだけなので今ひとつ、問題をケースごとに捉えにくく感じます。 絵とかで、テキストの背景をたどりつつ、この場合はどうするといった具合に解説してくれると分かりやすいかと思います。 それか、クイズ番組みたいな作りにして楽しみながら問題を解けるようにして見るのもよいかもしれません。 過去問解説講義は基本的にどの会社の講座を受講しても 説明口調にならざるを得ません。 時間がかかりすぎるからです。 宅建試験は時間配分がシビア 実際に試験会場で試験を受けると分かると思いますが、時間配分が結構きつく、できるだけ早く冷静に問題を解いていくことが重要となります。 1回で受かろうとせず、まずは 試験の雰囲気になれることが重要です。 1回目の受験で不合格だったとき、反省したところは、最初に受験した時に焦りのためか問題が解けないこと。 プレーシャーに潰されてしまうことが反省点になります。 宅建のテキストはイラスト付きのわかりやすいものがよい これから宅件の試験を受ける人がいるなら合格か不合格でも点を上げるなら分かりやすいイラストつきのテキストであり、かつ色々なケースの問題が載っていて解決方法と解説が載っているテキストで勉強する事をお勧めします。 大半のテキストは適当に解説しているようなものが多く文字ばかりで頭に今ひとつ入ってきにくいと私は感じました。 暗記ではまず、合格できず自分でこのケースはどうするか考える力が必要に思います。 特に不動産の事例なんかの問題は結構勉強になりますよ。 これから宅建を受ける人達にアドバイス 宅健は先ほど言ったようにどれだけ過去問を解いたかが鍵です。 フォーサイトの宅建講座で基礎知識をつけた上で問題を解くことで知識を深め、解いていくほうのほうがよいかと思います。 分からないけどとりあえず、過去の問題は公だったから答えはこれでと言う考えでも合格は出来ると思いますが、それは、問題を理解していないので資格を取ったとしても後々、ツケが回ってくるでしょう。 ただ、過去問からそのまま問題が出ていることも多いのであながち丸覚えがいけないとは私は言えません。 宅建を丸覚えで行く場合は問題の切り口が微妙に違うのでその違いを覚えないといけませんが、ある程度丸暗記でも点数は取れます。 宅建の勉強をして良かったと思うことは、不動産のトラブルに強くなり自分で解決できるくらいまでなれる所です。 フォーサイトの宅建士講座の解説はこちら.

次の

「フォーサイト」宅建の評判は?講座の口コミは?値段(料金)は?

宅 建 フォー サイト

Contents• 宅建初学者に最適な無料サイト 1 宅建みやざき塾 宅建試験の勉強は法律を勉強していなかった人にとっては難しいと感じることでしょう。 そのため宅建勉強をしはじめたときは、動画でわかりやすく解説をしてくれるサイトがおすすめです。 まず全体像を掴む上でおすすめなのが「宅建みやざき塾」のみやざき先生のYoutubeです。 各分野の概要を解説したYoutube動画を作成されており、わかりやすいです。 みやざき先生は、「絶対合格」という扇子を持ち歩いている熱心な先生です(笑)何度もみると応援のエールを常に送り続けてくれる、とってもあたたかい先生です。 過去問学習に使える無料サイト 2 人工知能による宅建の迷物図書館 宅建士試験の総合情報サイト 宅建予備校に通っているとき、「 宅建試験では過去問を制すものは宅建試験を制す!」と先生が言っていました。 宅建の練習問題の中には、極端に難しい選択肢があったり、過去問とは異なることがあるようで、過去問を何度も繰り返し解くのが近道だそうです。 私は過去問に答えを書いて、何度も読み返していました。 この勉強法をするときに欠かせないウェブサイトが、過去の試験問題をPDFで保存している1998年設立ののウェブサイトです。 19年分の過去問がPDFで保存、印刷できるところは、このウェブサイトくらいではないかと思います。 例えば、「かんたん、この問題は正解してほしい。 過去問の焼き直しです」と書かれていると、絶対に覚えないとと思いますし、「難しい、とれなくても仕方ない」というようなコメントだと、まぁ仕方ないからスキップしようという戦略も立てられます。 とってもわかりやすいです。 注意点としては、たんたんとお話される先生なので、合格者が最低限正解しないといけない問題なのか、難しい問題なのかが、見分けがつかないという点です。 わからない単元をピンポイントで復習 最後にもっとも私がお世話になった【宅建動画の渋谷会】佐伯竜というウェブサイトです。 元LEC専任講師の佐伯竜先生が運営しています。 Youtubeチャンネルが非常にわかりやすくおすすめです。 抵当権の中の「根抵当権」というトピックの解説、借地借家法の「定期借地権」というトピックの解説など、少し細かい項目で検索し、わからないところを解決をすることができます。 いつもわからない問題がでると、Youtubeで「免許の基準 渋谷会」とタイピングすると大抵のものは10分から30分程度の動画が配信されています。 何度か動画を見て自分の理解が間違ってないかを確認していきます。 私の宅建勉強をスタートして1年目のときは、佐伯先生がまだあまりビデオを出してないときでしたが、2年目のときに先生のYoutubeを発見、とってもわかりやすく「 カキまくって覚える宅建直前講座」という有料授業まで購読してました。 2年目はあえなく不合格でしたが、先生のおかげで宅建業法の「クーリングオフ」が得意になり、3年目の受験のときには、最初から最後までこの問題で間違えることがなくなりました! 補足ですが、佐伯先生の出身予備校であるLECの看板講師 兼 私が宅建予備校でとってもお世話になった「水野 健」先生のブログです。 民法の枠組みや考え方を教えるのを得意とされている先生です。 また大事なポイントの強調をしてくれるので、記憶に残りやすいです。 こちらに民法の問題の解き方や心構え等載ってますので、民法が苦手な方は一度読んでみるといいかと思います。

次の