ワンダーランド ビジネス。 ニューウエイズ ワンダーランドにいた者です。ウィズダム及び関連法令に...

京都 大阪 マンツーマン英会話・子供英会話・家庭教師派遣「WONDERLAND」

ワンダーランド ビジネス

MLMを辞めるにあたって1時間ほど説教?を受けました、つちまる です。 今日、珍しくブログ読者の方からお問い合わせがありました。 案件はネットワークビジネスの脱退の仕方について。 その方はやめる旨を紹介者に伝えはしたものの、強い引き留めにあったために後日直接会って話をすることになってしまったのだそう。 ぼく自身、ネットワークビジネスから足を洗ってもう3年が経とうとしています。 振り返ってみると、ぼく自身もネットワークビジネスを辞める際にしつこく引き留められました。 電話で30分1時間と延々と話を続けさせられ、、、 そしてブログではネットワークビジネスの体験談は語ったものの、辞める経緯についてはあんまり触れてなかったな、と思ったのでこのタイミングで書くことにしました。 もし今、ネットワークビジネスを取り組んでいたけどイヤになって辞めたいけど、、、と悩んでる方の後押しになればいいと思ってます。 関連記事 ワンダーランドを経てリゾネットを経験し、その後完全にMLMの世界から足を洗った流れですが、 どのようにして脱退に至ったのか、具体的に順序通りに説明をしていきます。 ぼくのMLM引退までの道のりは、まずリゾネットからの勧誘から始まりました。 2014年2月中旬ごろ ワンダーランド活動中にリゾネットの勧誘にあう。 この時点ではリゾネットを拒否 2014年3月初め ワンダーランドでの活動に限界を感じ、この先どうしようか悩む 2014年3月中旬 ワンダーランドは抜けたい、けど借金も早く返済したい。 そんな思いでリゾネットの紹介者に再度連絡し、セミナーへ。 数日後、セミナーに参加し、 リゾネットで契約。 2014年4月中旬まで この時点まではワンダーランドとの活動を並行して行う ある日、ワンダーランドの紹介者に今後どうするのかと問われたため、 辞めることを宣言 2014年4月中旬以降 リゾネットでの活動を本格化。 2014年10月下旬 退職に伴い、親戚の住む名古屋へ戻ることを決断。 このタイミングでリゾネット、そして MLMから足を洗うことを決意 ワンダーランドではまず成功できないと確信したぼくは悩んだ挙句、一度断りを入れたリゾネットに行くことにしました。 そしてリゾネットと契約し、ワンダーランドを脱退。 けどリゾネットでも上手くいかず。 さらには勤めていた会社を諸事情により辞めることになりました。 借金もかさみ、当時住んでいた千葉での一人暮らしの生活を維持できないということから親戚が住んでいる名古屋に行くタイミングでリゾネットも脱退したという流れです。 余談ですが、 リゾネットは名古屋でも活動していますがリゾネットはチームの方針的に地方での活動は積極的ではありませんでした。 そのため、名古屋でリゾネットを継続するという選択肢はありませんでした。 MLMを辞めると話したときのこと ワンダーランド編 これまでセミナーには毎回参加していたのですが、リゾネットと契約した3月中旬くらいからセミナーには人が変わったように行かなくなりました。 当時はリゾネットの方が可能性は感じられたし、何より時間が勿体なくて。 とはいえ、「やめる」と切り出すタイミングが無かったのでこの時は実質掛け持ち状態。 リゾネットのチームメイトからも なんでそんなことまであんたに話さないかんねん と思いながらも適当に話して過ごしました。 結局、向こうもぼくの辞めるという意思が折れないと分かったのか電話が終わり、無事ワンダーランドへの脱退が出来ましたとさ。 リゾネット編 リゾネットでは半年間ほど継続しましたが、こちらもやはり上手くいきませんでした。 それ以上に、 ワンダーランドの時よりも周囲の人がキャピキャピ過ぎて嫌でした。 リゾネットを辞めることになったきっかけは東京を離れて名古屋へ戻るため。 東京に残ってリゾネットを継続するよりも名古屋へ戻りたいという気持ちが強かったのでそれに伴ってリゾネットを辞めることにしました。 その旨は、まず紹介者に伝えました。 内心ワンダーランドの時みたいにねちっこく引き留めに遭うのかと思いきや オレリゾネット辞めるわ という連絡を受けたのでもうやめてしまおう、ということでリゾネットも辞めることになりました。 ちなみに先述のリーダーとは何もやり取りはしていません。 うやむやになったまますべてが終わりました。 ぼくがMLMを辞めづらいと思った理由 ワンダーランドの時はアップラインに問いただされた挙句に辞めるという話をし、リゾネットの時は辞めるという決断が出来ずにズルズルと引き延ばしてしまうという、どちらも理想的とは言えない辞め方をしました。 ではなぜぼくがあの時スパッと辞めることを言い出せなかったのか、についてです。 アップライン・チームメンバーの目が気になった まず一つは、アップラインや他のチームメンバーがぼくが辞めることに対してどう思われるのか、気にしていたことです。 辞めたらどうせ関係は切れるんだしな、とは想定していたのですが、今まで仲良く接してきたのに急に手のひらを返される心変わりが自分の中では怖かったのです。 大甘なことを言うと ぶっちゃけぼくは誰にも嫌われたくないです。 今はその気持ちは強くないですが、当時はかなりその傾向が強かったです。 ぼくが辞めることで周りはどう思うのか、それを考えるのが怖くて辞めることに躊躇してしまいました。 周りから何を言われるのか分からなかった MLMのグループは、仲間意識が異常なまでに強いです。 それだけに辞めるとなった時はスムーズにいくのか、と言う不安が辞める前段階でありました。 そして実際に、辞めることを話した時は不安を煽られるように引き留めにあいました。 辞めるっていうの本当に億劫だな そう考えてしまうことで足が鈍くなってしまいます。 もともと 自分が傷つくのがイヤなタイプなので、自分の決断を否定されるのがイヤだったのです。 辞める=負けを認める感じがして受け入れられなかった ただ単に変なプライドを持っていただけなのですが、 「辞める」と言うことに対して敗北感がセットであったんです。 それをただ受け入れてしまえばいいだけなのですが、ぼくが変なプライドを持っていたために、「ここで辞めたら負け組、他のことをやってもうまくいかないのでは…」と変に自分を追い込んでしまったこともありました。 そんなプライド捨ててしまえばいいのにって今になって思えるのですが、当時はそれが受け入れられなくて。 それもあって辞めるのに時間をかけてしまいました。 「MLMをこれから辞めたい」人へ心構えをアドバイス 辞めたいけど躊躇してしまって、ずるずる続けている人はぼくみたいにアップ・チームメイトの目を気にしていたり、辞めることを伝えた後の状況を想像したくないと言う人もいるかと思います。 そんな人に向けて、すでに辞めた先輩?からちょっとアドバイスをさせてください。 まずは逃げてもいいと自分に言い聞かせること あれから3年近くがたった今、ぼくも普通の生活に戻ることが出来ました。 ブロガーであること、栃木の盆地で生活していることが普通かはさておき、今は 借金もなく宗教染みた環境に身を置くこともなく平穏な気持ちで過ごせています。 「MLMを辞めたい」という相談があった場合の一番のシンプルな回答は「アップのことなんて気にせず辞めてください」なのですが、 そもそも 「逃げる」という選択肢を奪われ、成功するまで続けるべきという思想に洗脳されてしまった人たちににこのアドバイスが的確ではないかもしれません。 だからMLMを辞めるための行動に移す前にまずは 「逃げてもいい、辞めてもいい」と認めるところからかな、と思います。 それを自分の中で認められるようになれば、「辞める」という行動を起こすことが出来るのではないかと思います。 「あきらめなければ夢はかなう」は身を滅ぼす ぼくがMLMを辞めてから読んだ本にこんな感じのことが書かれていました。 「これはヤバいな」 借金が50万、60万と膨れ上がっていくたびに直感でこんな考えが頭をよぎりました。 しかし、「これも成功のために必要な犠牲なんだ」とその直感を無視して活動を続けました。 無視し続けた結果、「借金最高160万円」「完済まで2年要する」という貴重な自分の資源を無駄にしてしまいました。 自分がヤバいと思ったことは、意外と正しい 「やばい」と思った直感を無視し続けた結果、借金が膨れ上がってしまいました。 もし仮に、「ヤバイ」と言う直感を信じて早めに撤退をしていれば、借金は避けられなかったかもしれませんが、かなり傷が浅いうちにMLMを辞められたと思います。 完全な結果論ですが、この時に 自分の直感は意外と正しいんだな、ということを知りました。 「自分の直感は正しい」まずその直感を信じることから始めましょう。 MLMで築いた人間関係を壊したとしても、特に何にも支障がない MLMを辞めるにあたって心配していることとして、「ここで築いてきた人間関係が壊れてしまうのでは? 」と懸念を持つ人もいるかもしれません。 ぼくもその心配は確かにありました。 普通に遊ぶ分には楽しいやつらだし、かといってビジネスで付き合うのはもううんざりだし、、、とか辞める前に考えたりしました。 で、実際にMLMを辞める=そこでの関係は無くなるんです。 残念ながら。 ただ、あなたのこれまでの人間関係で同じようなことはたくさん起きているはずです。 例えば、あなたが中学時代に仲良かったメンバーと今でも遊びますか? 実際に遊んでいるのは、相当仲良かった人たちくらいで、「それなりに仲良かった」レベルの人とは既に関係が切れているのではないかと思います。 人間関係はそのステージによって付き合う人が変わるものなので、「MLMを辞める」というステージが変わるとともにその関係が切れるのは必然と言えます。 だから おれは次のステージに行くんだ、だからここの人間関係を断ち切る くらいの強気姿勢でいいと思います。 MLMを辞めるためにやっておいた方がいいこと さてここからは、MLMを実際に辞めるために行動することについてです。 「めんどくさいので今日でもう辞めまーす、ブチっ」と思いきって行けたら苦労しないですが、そうじゃない人の方が多いと思うので、 ここではMLMを辞めるにあたって準備と、実際に辞めるときに取るべき行動について書いていきます。 辞める前に別のコミュニティに溶け込んでしまうとすんなり行きやすい MLMのグループを抜けるにあたって一番ハードルになっているのは、先述した通り「ここを抜けると今までの関係を失って孤立してしまう」ことではないでしょうか。 これを克服するために、抜ける前に別のコミュニティに溶け込んで「この組織と関係が切れても次がある、孤立しない」という状況を作っておくといいでしょう。 例えばぼくの場合、ワンダーランドから抜ける前にリゾネットの人たちと関係を作ったことで組織を抜ける決断がスムーズにできました。 この場合はMLMから別のMLMに変わっただけなのでお手本になる例ではないのですが、 組織外のところで事前に他のコミュニティで関係を作っておけば孤立することに関する懸念はだいぶ無くなると思います。 ただし、間違ってもそのコミュニティの友人にMLMをやっていることとか、MLMの組織関連のイベントに誘ったりしてはいけませんよ。 もしその人が勘付いたら、せっかく築いた関係がパーになってしまう恐れもありますからね。 アップに辞めることを伝えるとき、辞めたい理由を話す必要はない 辞めたいと思ってる人にとって一番ハードルになってるのは周囲からの目ではないかと思います。 ぼくもそうでした。 「成功できる気がしないから」「もうやってて辛いだけだから」なんて 弱気なことを言おうものなら紹介者、そして他のチームメイトから何を言われるか分からない。 けど、わざわざやめたい理由を丁寧に話す必要ってあります?? そりゃ、なんでなのかくらいは気になるところではありますけど普通だったら話したくないなら深堀する気にはならないし、 その理由に対してその人がどう思うか、なんて関係のない話じゃないですか。 下手に具体的に話をすると、その話に穴を見つけ出して引き戻そうとしてくることになるだけです。 「将来のためにやるんでしょ?」「今頑張れば後からハッピーな人生が待ってるから! 」と射幸心を煽られて引き留められるのがオチでしょう。 なので 最低限の理由以外は話す必要はない、こう考えるだけで大分楽になります。 この辺は、MLMだけでなく会社を辞めるときでも同じことですね。 実際にぼくは会社を辞めるときにこの方法を取ったのでかなり気楽に辞表を出せました 紹介者は前向きに考えてることで目の前の現実から逃げてるだけではないか? ネットワークビジネスを辞めるという選択肢をしている時点で、あなたは他のネットワーカーよりも自分の問題を冷静に見れています。 反面、あなたを全力で引き留めに来る紹介者はどうでしょうか。 「まだまだこれからだよ」「あきらめなければ夢はかなう」そんなことを口にしていますけど、 逆に言うとそれ以外の選択肢に目を向ける度胸が無いから前向きにふるまって自分をごまかしてるだけではないでしょうか。 新しい環境に飛び込む度胸もない人がポジティブな言葉を発したところで説得力を持ちません。 やみくもな「ポジティブシンキング」はただの現実逃避です。 後ろ向きな考え方は決して悪いことではないです。 関連記事 こんなフットワークの軽い人がMLMで消耗してるなんてもったいないもんだ、と感心したのですが、 意外とこの方法で退会した人ってあまり聞かないので「どうしてもアップに言い出せないし、どうしても勇気が出ない」と言う人はこの方法を使うといいかもしれません。 退会手続きをしてしまったというプレッシャーがかかることで、実際にそこからの行動が移しやすくなると思います。 というか、ぼくがその方法を取るべきだったな、と後悔しています。 おわりに ネットワークビジネスを取り組んでいた当時はベンツに乗って、湾岸の高層タワマンに住んで、優雅に過ごして、というのが幸せな夢、という価値観を刷り込まれていました。 現在、ぼくはベンツには乗ってないし、ど田舎のアパート住まいだし、仕事は繁忙期に追われて大変だし、という状況ですが十分すぎる生活が出来ています。 「やめたい」と悩んでるあなたに質問しますが、「ベンツに乗る」「タワマンに住む」というのはあなたの本当の夢なのでしょうか? 大半の人は元からそんな夢は持ってなかったと思います。 ぼくらよりも下の世代は特にその傾向が強いのではないかと思います。 ネットワークビジネスに出会って、いわば「すごい人」の生活が幸せであることを刷り込まれて追いかけているだけではないか、と思います。 そんな「他人の夢」を追いかけてるという状況こそぼく自身、ネットワークビジネスを取り組んでいた時と重なります。 最近勧められた、この本を読んでまさにそうなんだな、ということに気付きました。

次の

producers.remymartin.com: 人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド (日経ビジネス人文庫): 小泉 武夫: 本

ワンダーランド ビジネス

ワンダーランドを辞めたあとはどうすればいいの?対策はどのようにすれば? ネットワークビジネスを取り組んでいる中で、残念ながらビジネスを続けることができなくなることもあります。 そんな時に、ふと…こんな心配が頭を過ぎる事はないでしょうか? ・友達や恋人との復縁ってどうすればいいんだろう…… ・1度見つけた夢を、これからどう叶えていけばいいんだ… どうすればいいか、不安になりますよね 汗。 シャボン玉のように浮かんでは消え浮かんでは消え。 そこで今回の記事は、私の実体験をもとにワンダーランドなどのネットワークビジネスを辞めたあとに取れる対策なついてまとめました! 悩みを抱えている方々へのヒントとなれましたら幸いです。 それではいってみましょう! ワンダーランドを辞めた! 「これで人生が変わるぞ・・・よし、やるぞ!!」 僕は当初、このような思いでワンダーランドにおけるネットワークビジネスに取り組みました。 このように息を巻いてビジネスに取り組んだはいいものの、「ワンダーランドを辞めたい…」と思う時が。 その要因は1つだけではありません。 ・仲の良い友人に罵倒される。 ・恋人と別れるきっかけとなる。 ・セミナーやアポイント代に費用がかさむ。 ・本業とビジネスだけの生活になる。 ・やりたい事や夢がどこまで活動しても遠く感じる。 これらの悩みを抱えつつも、周りのメンバーには相談できずモンモンとする日々が続きました。 グループに水を差すような発言をすると気まずくなると考えていたからです。 ただ、あと日分かったのですが、これらの悩みは僕だけでなく、周りの人も抱えていたようです。 ワンダーランドを辞めていくメンバーはこのようなセリフを口にしていました。 「メンタル的にしんどい」、「これ以上、友達に嫌われたくない」、「財布がすっからかん」、「いつまでもやりたい事ができる気がしない」…etc 僕も他人事ではない思いでした。 しかし一抹の不安が頭をかすめます。 辞めるのは簡単、でも辞めたあとは…!? 「またいつもと同じ生活に戻るのだろうか?」「戻れるのか!?」 そんな不安を抱えながらも、決心してネットワークビジネスを辞めました。 辞める時は花火のように一瞬で過ぎ去ります。 意外とあっけないものですね。 しかし辞める時に一番大切なのは、辞めるまでにあれこれ悩むことではなく、 辞めたあとの対策をきちんとできるか?という点でした。 ワンダーランドを辞めたい…友達や恋人と復縁する方法 もう無理だ!ワンダーランドは辞めた! …と思い切ったはいいものの、大きな問題がズッシリと残っていました。 「去っていった友達との復縁はできるのか!?」「恋人とやり直せるのか?」 この悩みは、ワンダーランドをバリバリやっていた時期にも思っていましたが、頭の片隅へ追いやっていました。 考えないようにしていたのです。 それが辞めたあと、一気に吹き出す! ワンダーランドを伝えた際にこのような声をかけられたこともありました。 ・絶交する! ・あだ名はマルチだな! ・信じられない… ワンダーランドが伝わらずそれっきり、という友達もいました。 そのあとも一生関わることなく…… …いや寂しすぎる!! 本音で言いましょう。 「まだネットーワークビジネスやってるんじゃないか?という一抹の疑心感」 この疑惑を拭い去るために、もうネットワークビジネスは辞めた!とはっきりと伝えましょう。 相手は、あなたの口からそのセリフが聞けるのを待っています。 単純接触効果という言葉もあるように、繰り返し接すると好意度が高まります。 始めは心理的にとても抵抗を感じると思いますが、根気よく接点を増やしていけば必ず復縁につながるはずです。 自分の力ではどうにもならないという場合では、第3者の力を借りるのも1つの手です。 例えば、復縁したい友人と直接連絡が取れないような状況であったとして、共通の中の良い友達に間に立ってもらいます。 第3者を通して「ワンダーランドを辞めた事」「復縁したいという旨」を伝えてもらうと、活路が開けることもありました。 どの方法も、1つ1つじっくりと人間関係を修復する事が大切です。 決して自暴自棄にならないようにしましょう。 根気よく続ければ必ず道は開けます! ワンダーランドを辞めたあとに、ビジネスをやり直す方法 ワンダーランドなどネットワークビジネスを辞めたあとでも、どうしても思い出されるものがあります。 これらは、元の日常に戻ったとしても、簡単に捨て去る事ができるものではないでしょうか。 「今の人生を変えたい!」「生活をなんとかしたい!」という強い思いは簡単に冷めるものではないですよね。 「せっかく得られた夢や目標だし、やっぱり諦めきれない!」という本音がチラチラとこちらを見ているようです。 「でも無理だよ…」とお考えのあなた! ビジネス自体を諦めてしまうのは早計かもしれませんよ!実践していたネットワークビジネスのやり方がたまたまうまくいかなかっただけなのかもしれません。 時代の変化と共に、ビジネスのやり方も大きく様変わりしました。 ビジネスをやり直すための方法も色々とありますので、簡単にご紹介していきます。 アフィリエイトにより商品を紹介する方法や、googleアドセンスを取得して広告収入を得る方法などにより収益を得られます。 メリット:経費の安さと場所を選ばないこと、人と対面する必要がない点です。 デメリット:文章をライティングするためにある程度の根気が必要な事でしょう。 畑で作物を育てるように、忍耐力が必要です。 SEOスキルを高める事で、法人ブログなどのメンテナンスや記事作成などにか変われる可能性もあります。 メルカリ-楽天-Amazon間の転売や、e-bay・中国などを会した越境EC、ブランド商品を扱うBUYMAなどが有名です。 メリット:収益が見込みやすい点です。 市場調査さえ間違えなければ売れ残る事は少ないです。 デメリット :資金力が必要な事です。 多数出品する事が求められるため、カード枠がたくさんあるほど有利になります。 また、梱包・発送の作業時間も確保できるかがポイントになります。 具体的には、株や不動産を買って配当や家賃収入を得たり、外貨を買って為替差益や金利を受け取るという形になります。 メリット :作業時間を少なくすることができ、資金がたくさんある分、利益も多くなる可能性がある。 デメリット :資金が少ないと儲けも少ない。 投資方法は、株式投資、FX、投資信託、国債、金、仮想通貨など多岐に渡ります。 送信者側からアクションを仕掛けられるPush型のメディアであり、ファンを増やす事ことで莫大な利益を得ることも可能です。 メリット: 自分だけのメディアである点。 他社の規約変といった影響を受けづらいため、強固なファンを作れば長く稼ぎ続ける事ができる。 デメリット: 自己ブランディングの難易度が高く、ある程度の実績が無いと読者となってもらうのに苦労する。 毎日発行されている新聞のように、毎週発刊される週刊少年ジャンプのように、ファンの期待に応えるための継続力が必要です。 SNS、ブログ、Line@、Yahoo広告、google広告等を組み合わせて、ネットからターゲットを集めて商品やサービスを紹介します。 メリット: 場所を選ぶことなく世界中から集客が可能。 仕組みを構築することで自動化も可能。 デメリット: ネットスキルが最低限必要。 会わずしてファン化できるのは魅力的です。 ただ、ある程度のマーケティングスキルが必要なので、初心者が1人だけで行う場合は少々難易度が高いかもしれません。 ワンダーランド辞めたあとの対策について まとめ ワンダーランドを辞めた人はそのあと、友人との復縁方法や、新たにビジネスをやり直す方法について模索している方が多くいらっしゃるようです。 気まずくなった友人との関係は一朝一夕で元通りになるという事は無いのかもしれません。 しかし、少しずつでも改善しようと一歩づつ対策すれば、将来良い結果へと結びつくはずです! また、一度描いた夢を諦めきれず、新しくビジネスに取り組みたい!と思われることもあるでしょう。 時代の進歩と共に、世の中には多種多様なビジネスが存在するようになりました。 ぜひご自身にあったビジネスの方法を選んでいただければと思います。 その際は、お一人で悩まず色々な話を聞いて情報収集することをお勧めします! 備えあれば憂いなし! もう友達から嫌われたくない…!その悩みを解決! ネットワークビジネスで一番怖い事は、身近な友達・大切なパートナーを失う事ですよね。 しかし、一度始めたビジネス。 諦めたくない…けど人に伝えるのも怖い…… 口コミ勧誘しなくても良い方法はないかな…? もしそれが可能になるとしたら。 人脈が無数に増えていくとしたら。 相手から「教えてください」というあと出しジャンケンのような状況が作れるとしたら。 あなたは興味ありますか?.

次の

モデーアワンダーランドの評判

ワンダーランド ビジネス

ハッシーさんから昨夜返信があった。 それから一つお願いされたからそのままここにペーストするよ。 ーーー 返信が遅くなり申し訳ありません。 かしこまりました。 6月の頭にご用意させていただこうと思うのですがよろしいでしょうか?? またあと1点少しいいづらいお願いがあるのですが、 息子さんがブログを書かれてらっしゃるのですが、僕の実名フルネームも載っております。 別に僕を特別悪く書いているわけではありません。 ただチームのメンバーから声が上がっている部分もあり、 内容に関して変更はされなくて結構ですので、 僕や周りの方が特定される個人情報を落とした状態で記載するように言ってはもらえませんでしょうか? 大変申し訳ないのですが、お願いできましたら幸いです。 ハッシー ーーー いやいや、誰に言ってくれてんねん。 直接俺に言えや。 なんで俺の母親に言ってくれてんねん? 普通、そう思いますよね。 久しぶりです。 ハッシーです。 元気にやっているようですね。 一点お願いなのですが、カルロスのブログに僕やみんみんさんが実名で出てくると思います。 こっちは実名顔出し、なんなら連絡先まで公開して活動しているわけです。 ではキレイに書きましたが、このようなことをされるとこう書きたくなるものです。 僕は本当に腹立たしかったです。 いきなり電話で本題を話し始め、依頼してくる頭の悪さ。 クイックレスポンスなど、学んだことを一切守っていない不義理さ。 こんな人に僕は1年間ついていき、200万円も損したんですか。 そんな簡単に物事が運ぶと思ったのでしょうか。 それを恐れたからなかなか連絡が出来なかったりしたんじゃないでしょうかね? 僕は自己破産しても構いません ネットワークビジネスをしている最中は、日報を書くことが義務付けられていました。 最後にはコピペで法的文書を添えています。 たぶん内容的には「訴えません」「自分の判断でやっています」と言ったものでしょう。 別に名誉毀損で訴えられようが、個人情報保護法で訴えられようが構いません。 僕は現在年収100万円しかないので、取られるものもありません。 なので、もし争うことになって負けるようなことになれば、 自己破産を選択します。 それぐらいの覚悟を持ってブログを書いていますし、29歳の若輩者ですがそう人生を歩んでいるつもりです。 もしこの記事の削除、およびの編集をして欲しいようでしたら、削除料として500万円を請求します。 新卒で入った企業を辞めさせられた機会損失、無駄だった200万円の投資、慰謝料を含む形です。 スポンサードサーチ.

次の